複合機の最もお得な導入方法は? TOP

このサイトについて

購入とリース、新品と中古の問題を一度考えてみましょう。

まず、購入とリースの比較ですが、下記のような点が挙げられます。
以下のような特徴から、価格面を考えて、中古品では現金購入を、新品ではリース契約する方が多いようです。

「購入」
・前払いで支払い、一括購入のため、割安で購入できます。

「リース」
・対象は新品のみとなります。
・支払方法は分割で、基本の期間は5年間となります。

さらに、保守の面でも考え併せてみると、やはり、コピーの使用量の問題が、大きく関わってきます。

コピーの使用量が少ないオフィスでは、新品の機器リース+保守費用の場合と、中古品の機器購入+保守費用の場合を比較した場合、前者の方が、格段に高くつきます。
しかし大量にコピーされるオフィスでは、長期間使用した場合を考えると、後者の方が、断然お得です。

つまり、コピーの使用量が少ないオフィスでは、中古品の現金購入が、大量にコピーされるオフィスでは、新品の機器をリースした方がお得ということになります。

ただし、近頃では、コピー機メーカーはリース料に保守料、コピーチャージを含んで、低価格機も用意しているところが多いようです。
各社見積もりを取って月額費用を比較すると、違いがよく分かるでしょう。

    複合機

    おすすめ情報

    電話回線の追加が不要で、用途に合わせて転送で使う番号と使わない番号を分けられる多機能転送サービスを考えているなら、転送料金が無料で経費削減や業務効率のアップに繋がるのでオススメです。
    導入後にコスト削減効果が実感出来ない場合、サービス解約にかかる費用を全額負担してくれるソフトバンクのおとくラインを考えているなら、基本料金や通話料を削減出来るのでオススメです。
    ワンクリックで暗号化設定及び解除が可能な、わかり易いインターフェースを採用したデータベース暗号化なら、開発元韓国国家情報院(KCIA)のセキュリティレベル審議をパスした強固なセキュリティを実現できます。
    Copyright(C) 複合機の最もお得な導入方法は? All Rights Reserved.