新品か中古か、購入かリースか、複合機の導入にあたって考えてみましょう。

新品か中古か、購入かリースか、複合機の導入にあたって考えてみましょう。

複合機を導入する際、メーカーやモデルを決めるよりもまず悩む点があります。
それは、新品を購入するか、それとも中古品にするか。
そして、購入するか、リースにするのか。
この2点ではないでしょうか。

ビジネスという点から考えると、やはり予算やその他の経費といった点から考えなければならないでしょう。

新品・中古・購入・リースといった導入方法を比較検討するために、まず、保守の面から考えてみましょう。
複合機の保守には、通常、カウンター保守とスポット保守といった、二種類があります。

カウンター保守は毎月定額で保守料金を支払いますが、ある一定の印刷枚数までは一律保留料金となり、定数を超えた分のみが必要となります。作業員が点検・修理時の訪問料金、技術料金、交換するトナー部品代金などはすべて無料で行ってもらえる、万全の保守です。

一方、スポット保守の場合、毎月の保守料金は不要です。修理や交換が必要になった時にのみ対応してくれる保守で、その際、作業員が点検・修理時の訪問料金、技術料金、交換するトナー部品代金などはすべて有料となります。

ですから、コピーする枚数の量によって保守形態を決めると良いのではないでしょうか。

大量にコピーされるオフィスではカウンター保守がお得ですし、コピー枚数が少ないオフィス、使用頻度が少ないオフィスでは、スポット保守の方が割安です。

    Copyright(C) 複合機の最もお得な導入方法は? All Rights Reserved.